FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ 切手 商品一覧

こんにちは、店主です。

ネットショップmiteiをオープンさせて約10日が経ちました。まだまだ商品が少なく、静か~に営業しております。

IMG_9242.jpg
本日このハンカチがお嫁に行きました。

どの商品も店主が一人で海外を練り歩き、見つけてきた1点ものばかり。思い入れもあって、手放すのはちょっと寂しいけど、新たな家で可愛がってもらうんだよ~。ありがとうございました!

さて、今お店に並べているのはドイツとスウェーデンのハンカチです。あれ?ドイツの切手は?そうなんです。開店一発目に掲載していた切手なんですが、STORES.jpの規定で切手は販売してはいけないそうで、削除しました(涙)。なので商品自体はあります。

IMG_9134aヴュルテンベルク 1920年公用切手6種
ヴュルテンベルク 1920年 公用切手6種←SOLD OUT

IMG_9121カエルの王様1968年
西ドイツ 1968年 カエルの王様

IMG_9125 西ドイツ 1967年 ホレおばさん 
西ドイツ 1967年 ホレおばさん←SOLD OUT

IMG_9102兄と妹1970年
東ドイツ 1970年 兄と妹

IMG_9092東ドイツの切手(DDR) 1972年子供向けTVキャラクター
東ドイツ 1972年 子供向けTVキャラクター

IMG_9115 東ドイツ 1962年 長靴をはいた猫
東ドイツ 1962年 長靴をはいた猫

IMG_9110お人形1968年
西ドイツ 1968年 お人形

IMG_9087ドイツ1967年
西ドイツ 1967年 動物←SOLD OUT

IMG_9118 西ドイツ 1960年 赤ずきんちゃん 
西ドイツ 1960年 赤ずきんちゃん

IMG_9078白雪姫1962年
西ドイツ 1962年 白雪姫

IMG_9072眠り姫1964年
西ドイツ 1964年 眠り姫

もし気になるものがありましたら非公開のコメントでメールアドレスを送ってください。お値段等ご連絡いたします。


スポンサーサイト

ドイツの切手

こんにちは、店主です。

正月の準備とオンラインショップの準備と忙しい・・・。餅を買いつつ銀行口座を開設。一応ショップ開店の準備は整いました。

当面、北欧や東欧から買い付けてきたものを販売していく予定ですが、ものが多くてどこから手を付けていいものやら。まずは手軽にインテリアに取り入れやすい切手にクローズアップ。

IMG_9069n.jpg
私が好きなのはドイツの切手です。これは1964年西ドイツ発行の眠り姫。グリム童話を描いた切手のセットがいろいろあって可愛いんですよ。

IMG_9092n.jpg
東ドイツ(DDR)で1972年に発行されたもの。これは子供向け番組のキャラクターのようです。フクロウのおとぼけフェイスがいいです。

IMG_9111an.jpg
1968年西ドイツ発行の人形シリーズ。この何とも言えないお顔がツボです。

IMG_9100an.jpg
1973年東ドイツ発行。シャケのほっこり感。

IMG_9127n.jpg
1967年西ドイツ発行。ホレおばさんというグリム童話を描いているようなんですが、元の話を知らないので真っ黒になったおばさんを見て身を案じております。

IMG_9122n.jpg
1968年西ドイツ発行。カエルの王様を描いています。カエルに惚れこんで購入しました。

IMG_9123am.jpg
同じくカエルの王様。シュール。

いかがですか?色合いもレトロで味わい深いです。店主的にはちょっとシュールな絵柄が気に入っています。

IMG_9172n.jpg
フレームに入れて飾ると華やかになります。



11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

mitei店主

Author:mitei店主
オンラインショップ『mitei』店主のつぶやき。方々から面白いもの、特別なものを見つけてきては販売しております。

本ブログの記事・コメント・画像等の無断転載はご遠慮願います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ありがとうございます
いらっしゃいませ
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。